デジタルFAXの手引書

デジタルFAXについての情報が満載です!

デジタルFAXの歴史は携帯電話の進歩とともに歩んできたと言っても過言ではありません。というのも、FAXそのものが固定電話とセットで普及し、その固定電話の減少が追い打ちをかけています。また、インターネットの普及がそのはってんいん寄与した部分も大きく、2000年頃から急速に普及しました。また、その後スマホが普及するとその利用端末に関しても、パソコンだけでなくスマホでの利用も急速に増加したという背景があります。

デジタルFAXの歴史

デジタルFAXの歴史 従来までのファックスは固定電話とセットで利用され、近年固定電話の契約が減少したことが原因でその利用頻度は減少しました。
さらに、インターネットの普及により、文書を送る方法としてメールが発達したためよりファックスの利用が減少したと考えられます。
このインターネット回線を利用したものをデジタルFAXと呼び、パソコンやスマホなどのインターネットに接続が可能な端末から利用可能なものです。
そして、その閲覧方法としては、それらのメール機能を使用し送受信するシステムとなっています。デジタルFAXの歴史はこのような歩みを進め、またスマホが登場したことによりその利用場所が限定されなくなり、より利便性の高いものとなりました。

デジタルFAXの回線について

デジタルFAXの回線について 基本的なFAXの回線は通常の電話回線と変わりありませんが、FAX専用に使用しているためにこの言葉が用いられています。しかしアナログかデジタルか、また利用料金によって多少異なります。
従来は電話とFAXを共用するアナログタイプが普及していました。昭和の黒電話のようにダイヤルを回して電話をかけるタイプで利用でき、パルス信号を発信するダイヤル式と、ボタンを押すタイプの電話で利用でき、プッシュ信号を発信するプッシュ式といった種類があります。
しかしどちらにせよ両方の機能を同時に使用することが出来ないデメリットがあり、ビジネス向けには不向きでした。
対してデジタルの場合、1契約で2回線となっているので電話とFAXを同時に使用できるメリットがあります。またアナログに比べて品質が良いのもポイントです。
ビジネス向けとして、光タイプのものもあります。主にFax用のサーバーやインターネットサービスに使用されるのが一般的です。
ビジネス用途だけあって利用料金は高額ですがひとつで多くの線と結ぶことが出来るメリットがあります。
またデジタルの場合、1契約でも大量の線を使用することができるので、他の人と共有して使用するのが一般的です。

デジタルFAX関連情報

次世代FAXの新しい形、デジタルFAXを導入しよう!

デジタル FAX

 

Copyright (c) 2017 デジタルFAXの手引書. All rights reserved.